不動産管理
賃貸管理会社の管理力とは

投資物件には利回りという基準があり物件の価値判断は容易です。しかし賃貸管理を行う賃貸管理会社の評価は、判断が難しい面があります。管理戸数の多さだけでは企業の価値は計れません。大手だから安心という日本人に多いブランド任せの判断はリスクを伴うことがあります。一方で、販売戸数が少なくても確かな賃貸管理を行っている優良企業もあります。賃貸管理会社の質を見極めるには、事業に携わっている「人の質」をチェックすることが大切ではないでしょうか。


賃貸管理会社のチェックポイント

賃貸管理会社選びで最も重要なポイントは「いかに空室をはやく埋められるか」です。ローンで物件を購入した場合、家賃収入が滞ればオーナー様の負担が増加します。空室解消力こそが、賃貸管理会社の企業力です。

滞納家賃の回収力の高さも、賃貸管理会社選びの重要なポイントです。滞納は空室と同様、家賃収入がストップするため、不動産経営に多大なリスクがあります。

水や騒音トラブルを解決せずに放置しておくと、入居者が退去することになり、空室が発生してしまいます。入居者トラブルの解消ノウハウは、賃貸管理会社を選ぶポイントのひとつです。

一般的な管理代行手数料(家賃の集金、入居者の募集、入居者トラブル対応、内装工事の手配など)の目安は、毎月の家賃収入の5%〜7%です。空室や滞納の保証がある場合は、これに別途料金が上乗せされます。また管理サービスの品質によって入居者の満足度が変わってくるため、数字だけでは判断がつかない面もあります。不動産管理会社には、実践で培われた経験が必要です。大手の管理会社と地元の管理会社のどちらを選ぶかで迷ったときは、地元の管理会社を選ぶメリットがいくつかあります。
●長く地元密着で経営する管理会社は、周辺物件の環境を把握しており、客付きでも有利。
●フットワークが軽く、設備トラブルなどの入居者対応がスピーティに行える。
●契約内容や管理手法に融通がきくため、臨機応変な対応が可能。
など、地元企業ならではの情報力とネットワーク力があります。

四葉地所は、賃貸経営に関わるあらゆる業務を代行し、「老化と修繕」「借入金の返済」「委託手数料」などの課題を解決する「賃貸経営のコンシェルジェ」を目指しています。オーナー様の資産を効率よく運用し、事業利益を最大化する独自の事業システムを構築。オーナー様が満足のいく資産相続を第一の目標と捉え、信頼できる資産運用のパートナー企業として活動しています。

自分で賃貸物件の経営をしているが、リスクやトラブルが心配! そんなオーナー様の心配を、賃貸物件の入居募集から退却まで全業務を責任代行することで解消。リスクを低減すると共に事業利益を最大化する資産運用が実現します。

●募集賃料についての周辺物件調査等を行いオーナー様へアドバイス。
●物件を中心とした他社仲介業者にも幅広い募集活動。
●申込みの審査・賃貸借契約締結業務をオーナー様に代わり代行。

●借主からの賃料等の集金業務。(口座振替を使用)
●借主から集金した賃料は毎月15日にオーナー様指定の口座へ送金。
●公共料金、工事代金等の支払い代行。
●毎月々の精算報告書の作成。
●滞納賃料の督促

●入居者クレームの受付・対応
●借主、入居者への契約違反行為に対する処理
●借主、入居者への連絡事項の通知

●借主からの解約届けの受付と報告
●退去立会い(借主の過失箇所の確認、鍵の回収)
●原状回復についての借主との協議
●敷金、保証金等の返還精算業務



●定期清掃や特殊清掃の提案を行い、物件の美化を維持管理します。
●各設備(消防設備、貯水槽、高架水槽、エレベーター等)の関係各所への点検及び報告書の提出。
●特殊建物定期検査(3年1回)の調査手配及び報告を行います。
●その他共用設備の維持管理。

●高入居率、高稼働を意識し、オーナー様へ内装工事提案を致します。
 また、周辺物件との差別化の為、大規模な間取り変更等の提案を致します。
●住居設備の老朽化、故障等による修理取替をスピーディーに対応致します。

●借主からの解約届けの受付と報告
●退去立会い(借主の過失箇所の確認、鍵の回収)
●原状回復についての借主との協議
●敷金、保証金等の返還精算業務

四つ葉は応援しています!!